レジ袋1枚5円頂戴します。マイバックご持参にご協力ください。 ×
 
i60シリーズ アナログディスプレイ

i60シリーズ アナログディスプレイ

定価 ¥70,720(税込) セール

在庫数 : 1

商品タイプ :

メーカー : Raymarine Marine Electronics

商品コード: RAYE70061



i50とi60はRaymarine航海計器システムの主力グレードです 
i50、i60はいずれも画面の視認アングルが広く、日中から夜間まで周囲の光量に関わらず高い視認性を発揮し、大きくてシンプルなボタンによる操作性の良さが魅力のディスプレイユニットです。水深とボートスピードに特化したi50と、風向風速に特化したi60とで各種計測データに対応可能です。いずれも各トランスデューサーはディスプレイ裏面のソケットに直結が可能なため単独稼働が可能な航海計器システムを簡単に構成できます。また、i50、i60はSeaTalkNGネットワークにも直接統合させることができ、オートパイロットなど他の操船・ナビゲーションシステムとの連動も可能です。

風向風速計とクローズホールドリピーターをご用意
Raymarine i60シリーズには全方位風向を表示するタイプと20〜60度までのクローズホールドウィンドを見るための2つのタイプがございます。ただし、トランスデューサーを直結させて風向・風速が計測可能なのは360度対応の「風向風速計用ディスプレイ」のみです。クローズホールドリピーターはにはトランスデューサーを直結させることはできません。i60ディスプレイは微妙な風向の変化も視覚化出来るアナログタイプを採用しております。本ページにてご注文頂ける製品はいずれもディスプレイユニット単体であり、別途トランスデューサーをお買い求め頂く必要がございます。i60の各ディスプレイに適合するトランスデューサーは別途セレクションガイドページにまとめておりますので、ガイドページをよくご覧頂きご自身の用途およびボート現状に合ったものをお選びください。また、Raymarineの航海計器システムは単独の計器として機能するシンプルな構成のものから他のナビゲーションシステムと連動したシステム・ネットワークを構築できるものまで種類が多岐に渡ります。ご自身にとって最適な機器がどれか判断しかねるなどの場合はお気軽にご相談ください。

セレクションガイドページへ行く

風向風速計用[E70061]
アナログ&デジタル表示のディスプレイです。見かけ及び真風向と風速を表示出来ます(真風向、風速の表示には対水スピード計からのデータが必要になります)。

クローズホールド計 [E70062]
20度から60度までの範囲を拡大表示するためのディスプレイです。1度のアングルが大きな違いを生み得るような場面で大活躍します。このディスプレイはリピーターです。トランスデューサーを直結させることは出来ません。

定格電圧 / 作動電圧 12V DC / 10-16V DC
12V時消費電力 通常45〜65mA(1W)以下、トランスデューサー接続時最大200mA(2.4W)
耐用温度(使用時 / 保管時) -2〜55℃ / -30〜70℃
耐用湿度 最大93% / IPX6適合
接続 2×SeaTalkng、トランスデューサー接続、マリン用CAN対応

i60シリーズ 接続イメージ
下記は典型的な配線方法の一例です。設置方法の詳細やディスプレイの設置に必要な面積などは下記の各種取扱説明書等をご参照ください。

i60 設置・取り扱い説明書
i60 設置テンプレート

[SeaTalkNGネットワークへのベーシックな接続例]
SeaTalkNGネットワークはバックボーン(青)ケーブルを中心に構成されるネットワークで、スパーケーブル(白)で枝分かれさせた先に各種機器を接続するだけで各機器の連動が可能です。この時中枢ユニットのようなものは必要なく、バックボーンを経由して相互に接続された機器間では電力とデータが相互にやりとりされます。図の例はトランスデューサーを直結させたi50およびi60を、多機能ディスプレイやオートパイロットが含まれるネットワークに統合しています。(3+4がi60、8+10、9+11がi50ディスプレイ&トランスデューサーの航海計器ユニットです)

[コンバーター+i70を主機とし、i50とi60をリピーターにした例]
iTC-5 SeaTalkNGコンバーターに各種トランスデューサーを接続し、信号をSeaTalkNG方式に変換した上でi70多機能ディスプレイ(=2)に接続した例です。この接続方法の場合、全てのトランスデューサーからのデータはi70が受信しており、i70から補正等の操作も行うことができます。また、SeaTalkNGの同一ネットワーク上にi50やi60(=1,3,4)が接続されていれば、これらリピーターとして稼働させ各種データを表示させることも可能です。ただし補正操作等をi50、i60から実行することはできなくなります。

i60をST1000+やST2000+に接続する方法(ウィンドベーンモードの使用)

下記のご説明は、データコンバーターなどをなるべく使用せず、状況に応じて最小限のパーツで必要なシステムを構成するためのものでございます。i60ウィンドシステムとST1000+/2000+などとの接続が最たる例であるためこれを取り上げておりますが、下記のご説明はSeaTalk1(以下ST1)機器とSeaTalkNG(以下STNG)機器とを混合してご使用になる場合に広く当てはまります

パターン1:i60だけをST1000+/ST2000+などに直結する
別売のST1-STNGアダプターケーブルが必要
となります(下記リンク先にてお求め頂けます)。このケーブルの、ST1用のコネクタ(3ピンの平型コネクタ)を切断し、被覆を剥いて中の赤、黄色、裸の線を露出させます。次に、ST1000+/2000+のボート側のコネクタを取り外します。このコネクタには、赤、黄色、黒の配線が来ています。先程加工したケーブルの各線を、ST1000+/2000+のボート側のコネクタの同じ色のところに接続します(裸=黒)。アダプターケーブルのSTNG側(白い丸コネクタ)をi60の背面に差し込めば接続は完了です。ST1000+/2000+に電力を供給すればi60にも電力が入ります。なお、上記の通りi60はボート側のソケットに接続されているため、ST1000+/2000+自体が接続されているか否かにかかわらず、i60は単体でも使用可能です。

[ちなみに]
上記は本来STNG機器であるi60をST1モードで可動させるための裏技的な配線方法です。「i60+他のST1機器/ネットワーク」という構成であれば、ST1-STNGコンバーターをご使用頂かなくても直結が可能です。ただし、i60を他のST1機器/ネットワークに直結した場合、そのi60は他のSTNG機器と通信できなくなります(i60がST1モードで稼働するため)

パターン2:GPSプロッターなど、他のSTNG機器とも繋がっているi60をST1000+/ST2000+などに接続する
別売のST1-STNGコンバーターキットが必要
となります(下記リンク先にてお求め頂けます)。コンバーターキットに含まれる5口コネクタの中央、黄色のソケットにアダプターケーブルを挿し込みます。アダプターケーブルのST1側のコネクタは、下記いずれかの方法でST1000+/2000+に接続します。

a.ST1000+/2000+以外にST1機器がない場合:パターン1と同様の方法でコネクタを加工し、ST1000+/2000+のソケットに接続します。
b.ST1000+/2000+以外にもST1機器がある場合:ST1ネットワーク配線の空きソケットに3ピン平コネクタを挿し込みます。場合によってはジャンクションボックスでソケットを増やしてください。

【関連情報】

Q:AUTOHELMのST50 WINDが破損したのですがi60で代用出来ますか?

A:いくつかの制限、注意事項がありますが、可能です。

ST50(i60)はいずれも下記の各パーツで構成されており、通信方式などにおいては互換性があります。しかしながら、単純に破損部を現行製品と差し替えるのみで交換が出来るものではありません。各パーツにおける注意事項や制限等は下記のとおりです。

マストヘッドユニット
ST50当時のものは生産が終了しており、同一製品のご提供は出来ませんが、現行の製品で代用が可能です。しかしながら、接続プラグの仕様に若干の違いがあります。マストヘッドユニットは、マスト内のケーブルと5ピンのソケットで接続されます。このピンとソケットを破損させるリスクなく接続するために、現行製品には固定角度をガイドする突起が出ています。AUTOHELM当時のケーブルに現行のセンサーを固定する際はこの突起を切り取る必要があります。

マスト内ケーブル
上記の通り、マストヘッドユニットとマスト内ケーブルの接続は可能です。しかしながら、ST50当時のマスト内ケーブルをi60に接続する際には、ケーブルの下端にある丸型のソケットを切断して中の各線を露出させ、スペード端子を取り付ける必要があります

モニター:i60のSeaTalk(AUTOHELM仕様)への接続
i60はSeaTalkNG(STNG)と呼ばれる別規格の通信方式を採用しており、ソケット形状もST50の通信規格SeaTalk(ST1)と異なります。このため、アダプターケーブルが必要となります。更に、現在のST1は平型の3ピンソケットであるのに対し、AUTOHELM自体のST1コネクタは丸型のためアダプターを用いてもそのままの接続が出来ません。このため、双方の端子を切断して中の各線を露出させ、接合端子等で個別に繋ぐ必要があります。

なお、上記の方法で接続した場合でも、対水速度を取得して真風力の算出を行う場合、i60は正確な計算を行うことが出来ません。これはST50当時と現在とでは同じST1でも通信プロトコルが異なり、真風力の算出に必要な情報を正しく取得できないためです。また、AUTOHELM製品の販売終了から経過している年数を考慮しても、上記のような部分交換は推奨されません。通信方式(STNGまたはST1)やプロトコルの異なる機器が混在すると、変換器が必要になるなどの総合的なコスト増加、時間差で寿命を迎える旧来品の頻繁な交換などの恐れがあります。また、そうしたコストや労力にもかかわらず、現行品の性能をフルに活用できないシステム構成となってしまう場合もあります。

また、上記のようにST1機器やST1ネットワークに現行のSTNG製品単体を接続する場合はコンバーターは必要ありません。コンバーターが必要となるのは、既にSTNGで通信を行っている機器やネットワークにST1機器を接続する場合や、ST1でネットワークを構成している一群と、STNGでネットワークを構成している一群とを統合する場合などです。特に旧来品のオートパイロットなど一部のST1機器においては、コンバーターを介した信号を正しく処理できず、かえって動作を妨げる原因となる場合もございます。アダプターのみで良いかコンバーターを介する必要があるかご不明な場合は、現在のシステム構成を添えてお問い合わせ下さい。

【関連情報】

【お届けについて】

▼発送時期

取り扱い製品の性質ごとに発送条件が異なります。なお、いずれの場合も納期の確約は致しておりません。万が一商品到着の遅延に起因する二次的な損害が生じた場合も弊社は関知致しません。予めご了承ください。

▼店頭在庫品

15時までにご注文頂いた商品は即日発送致します。お振込、お振替、コンビニ決済をご利用の際は15時の時点でご入金の確認が出来たものに限ります。弊社休業日にご注文頂いた商品につきましては翌営業日の発送となります。

▼カスタム品・オーダーメイド品

ご注文受付の際に納期をご案内致します。

▼取寄せ品・在庫切れの商品

入荷時にご案内を差し上げます。弊社では全ての取り扱い商品について在庫保証を致しません。また、お取り寄せの場合の納期保証も致しません。予めご了承ください。

【キャンセル・返品について】

▼ご注文の追加・変更とキャンセル

加工、切断を必要としない商品につきましては、発送前であれば無条件で追加・変更、キャンセルを承ります。切り売りロープ、切り売り生地製品等は発送前であっても裁断、切断後のキャンセルはお受け付け出来ません。切り売り商品のご注文変更、キャンセルをご希望の際は可能な限りお早めにご連絡ください。

▼クレジットカード決済の追加、変更とキャンセル

クレジットカードでお支払い頂いたご注文につきましては、キャンセルのみお受け付けが可能でございます。ご注文の追加や変更、複数に分けて頂戴したご注文の合算、部分的なキャンセル等は致しかねますので予めご了承ください。なお、頂戴したご注文全体をキャンセルし、改めてご注文を頂くことで変更等に対応させて頂くことは可能でございます。

▼カスタム/オーダーメンド品について

スプライス、スウェージングなどの加工を要する製品につきましては、ご注文確定後の変更、キャンセルは出来ません。また、お客様都合によるご返品も一切お受付致しません。予めご了承ください。

▼初期不良保障期間

弊社では商品到着後7日間の初期不良保障期間を設けております。この期間内にお届けした商品をご確認頂き、製品に初期不良が認められた場合は同一商品のご提供または商品代金、送料、各種手数料を含む決済金額の全額を保障致します。

▼ご返品・ご返金

商品お届けから30日以内であればお客様都合であっても交換、ご返品、ご返金をお受け付け致します。なお、ご返金の対象は商品代金のみとさせて頂き、ご返品の際の送料はご負担頂いております。また、クレジットカード決済の場合はご返金にお時間がかかる場合がございます。ご返金は原則として電信にて対応させて頂きますのでご希望の口座をご指定ください。交換、ご返品、ご返金の受付には条件がございます。詳しくは「お取引条件と免責事項」をご覧ください。

最近見た商品

Loading...