レジ袋1枚5円頂戴します。マイバックご持参にご協力ください。 ×

Furlexシリーズ

先代の技を受け継ぎ、新たな要素も多く盛り込んだ第四世代型ジブファーリングシステム

本システムはSELDEN社の象徴的な製品の一つ、ジブファーリングシステム「FURLEX(ファーレックス)」の四代目です。世界的に広く認知されているこのシリーズの良さを先代以前のモデルからしっかりと引き継ぎ、今回新たな改良点も多く加えられました。一切の妥協を許さずFURLEXに盛り込まれたメーカー渾身のこだわりを、まずはご覧ください。(導入をご検討の方向けの情報はページ中腹部以降にございます。)

POINT 1:トップ/ボトムベアリングプラグ

滑らかな表面のベアリングプラグがフォイルのトップ&ボトムに付きます。このベアリングプラグがフォアステーとの摩擦抵抗を最小限に抑え、軽いファーリングをサポートします。(下写真は撮影用にプラグを仮組み状態でフォイルに装着しております。実際はトップ=ねじ止め、ボトム=フォイル内に完全収納されます。)

2回スウェージングした「ひっかかり」のないワイヤー
1回目のスウェージングの後にターミナルとワイヤーを90°回転させ、再度スウェージングを行います。これによってターミナルはより丸みのある形状に仕上がり、ベアリングプラグと接触した際もよりスムーズに回転するようになります。

POINT 2:荷重分散式ハリヤードスイベル

可動部はもちろんマリングレード・ステンレスのボールベアリング&レールを使用。このシリーズのハリヤードスイベルはベアリングにかかる荷重を均一にする構造になっており、ファーリング時の抵抗を低減すると共に、強度面でも非常に優れた製品となっています(104Sはダイニーマのラッシングによる「ロードセンタリング」が、204S、304Sには独自技術「ロードディストリビューター」が組み込まれています)。写真は104S用のスイベルです。

LOAD DISTRIBUTER(荷重分散機能)とは
一般的なベアリングはその構造上、急に大きな荷重がかかると一部のベアリングに荷重が集中することがあります。SELDENの独自技術「ロードディストリビューター」はベアリングレールが3点の軸上に取り付けられており、ベアリングにかかる荷重に合わせてベアリングレールの角度が調整されるようになっています。これにより一部のベアリングに荷重が集中してしまうことを防ぐため、全体的な摩擦や磨耗を低減することができます。204S、304Sのハリヤードスイベルに内蔵されています。
また、104のハリヤードスイベルにも同様の仕組みが備わっていますが、こちらはダイニーマのラインで荷重のセンタリングを維持するというもので、軽量化に重きを置いた構成となっております。

POINT 3:動きに強いジョイント&セールに優しいフィーダー

フォイルは2400mmの連結パイプから成ります。連結部はアルミニウムのスリーブとステンレスの連結プレートで繋がっており、各パイプの連結部には若干隙間が出来るようになっています。この隙間がフォイルのたわみを吸収し、連結部の損傷やそれに起因する錆の発生などを防ぐため、製品のライフスパン延長に貢献するほかセールへの損傷や汚損も防ぎます。フォイル下部のフィーダーはマリングレード・ステンレス製でセールに優しいラウンド加工が施されています。

連結プレートは「フローティング・コネクタ」
各フォイルはアルミニウムスリーブと連結プレートのみで繋がっており、リベットやネジは使用しません。これにより将来部分的な損傷を補修する際にも簡単に損傷部のみを交換することが出来るようになっています。また、連結プレートはフォイルおよびアルミニウムスリーブとの接触面が最低限で済むように設計されており、フォイルとスリーブとの間で「浮いた」状態になっています。このため、フォイルに最大のトルクがかかっても連結プレートには力がかかることはありません(トルクはアルミニウムスリーブで各フォイルに伝えられます)。
簡単脱着&徹底的な電蝕対策を施したセールフィーダー
Furlexのセールフィーダーは簡単に脱着可能で、レースの際にはハリヤードスイベルをドラム部分まで落として使用することができます。ステンレス部分は電解研磨&ラッカー処理でアルミニウムのスリーブに抱かせても電蝕を起こさないように入念な処理が施されています。

POINT 4:ツイングルーブフォイル&インナーチューブ

フォイルにはグルーブが2本ついており、ランニング時には’wing on wing(ジェノア2枚を観音開きで展開)’による速度と安定性を得ることができます。また、レース時には2種類のセールをセットしておき、素早く交換するのにも大変役立ちます。フォイル内には全長に渡ってインナーチューブが通っており、これによってワイヤーがフォイル内のセンターに留まるほか、フォイルとワイヤーとが直接接触することを防ぐため、フォイルはワイヤー上で捻じれることなく均等に回転し、ワイヤーとフォイルが磨耗することもありません。フォイル外側には小さな溝があり、これがファーリング時もフォイル周辺に空気の通り道を作ります。

ワイヤーは他の金属パーツに近づかせません
各フォイルの中腹部にはインナーチューブが、連結部分にはアルミニウムスリーブが交互に入っており、全長に渡ってワイヤーをセンターに止める他、インナーチューブが連結部のスリーブを定位置に止める働きをしています。インナーチューブの直径はスリーブ内の空洞より小さく、これがワイヤーをセンタリングするため、ステンレスのワイヤーがアルミニウムのスリーブと接触することはありません。インナーチューブには切れ目があり開くことができるため、ターミナルを取り付けていてチューブを通せないワイヤーにも被せて装着することができます。

POINT 5:「フリーターン」機構付きタックスイベル

タックリング(下写真の金属部分)が約1回転分、フォイルとは独立して回転します。その後はフォイルと一緒に回転し始めますが、この1回転分の「フリーターン」によりセールのトップからミドル部分、即ち最も深くなる部分が最初にファーリングされます。これによりリーフ時のセールシェイプを良好な状態に保つことができる機能です。また、フリーターン機能に加え、タックリング、シャックル共に可能な限りの小型化が図られ、ファーリング開始時の労力を低減することができます。

POINT 6:軽量なドラムは分解可能で高い汎用性を発揮!

特殊なコンポジット素材を採用して軽量化(前モデルより8%)されており、2列のステンレスボールベアリングに加え一列のローラーベアリングを内蔵し、横方向にかかる荷重により生じる歪みに強い構造となっています。このドラム部分は取り外しが可能で、レース時にはタフラフと同じように使用することが出来ます。

組み立て方を動画でご紹介致しております

*重要:FURLEXはボートサイズごとに4つのモデルをご用意しております。構成パーツは多岐に渡る上、対応するモデルの正しいパーツを購入していただかなければ、正しくご利用いただけませんので、必ず以下の流れに従って、ご自身のボートに合う構成パーツをお買い求めください。

STEP1:モデル決定(排水量から適正サイズをお決めください)
STEP2:ベーシックパック
STEP3:ワイヤーのご注文
STEP4:ターミナルのご注文(ターミナル形状をお選びください)
STEP5:フォイルのご注文(基本パック+エクステンションの組み合わせで長さを調整できます)
プラスα:用途に合わせてオプションパーツもご検討ください


STEP1:最適なモデルをお選びください。

FURLEXは50S104S204S304S4タイプをご用意しております。また、各モデルごとに異なる直径のフォアステーがご利用いただけます。ボートの重量(排水量)を元にお客様に最適なモデルをお選びください。現在第四世代型として展開されているのは104S以上のサイズです。104Sより小さなファーリングシステムがご入用の際は別途FURLEX 50Sをご案内致しますが、これは104s/204s/304sのものとは仕様が異なりますのでご了承ください。また、FURLEXシリーズには本ページにてご紹介しているシリーズ以外にもディンギー用、スルーデッキ(ドラムをデッキ下に格納)、電動式および油圧式のシステムがございます。別途ご相談を賜りますのでご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

モデル フォアステー直径(mm) 排水量トン(マストヘッドリグ) 排水量トン(フラクショナルリグ)
50S 4 1.4 1.7
5 1.8 2.5
104S 4 1.4 1.7
5 2.1 3
6 3.5 4
204S 6 3.9 4.5
7 5.5 7
8 7.5 9
304S 8 8 10
10 14 15
Loading...