アカウント再登録などのお手間をおかけしますが、大幅にパワーアップしたゆうこうマリンウェブサイトを是非お楽しみください!ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい! ×
 
 SeaTalkng バックボーンケーブル

 SeaTalkng バックボーンケーブル

定価 ¥3,900 セール

在庫数 : 1

商品タイプ :

メーカー : Raymarine Marine Electronics

商品コード: RAYA06034



Raymarine SeaTalkng接続ケーブル
Raymarine製品の多くに採用されているSeaTalkNGと呼ばれる方式は、NMEA2000(N2K)をベースにした通信規格を持つケーブル・通信規格です。SeaTalk1との統合を行う際に使用するピンを独自に追加しているため6ピンとなっている点以外はNMEA2000と全く同じ方式となっており互換性もあります。ネットワークの構成方法もNMEA2000と同じで、バックボーンと呼ばれる主幹ケーブル(青)にドロップケーブルと呼ばれる枝分かれケーブル(白)と電源ケーブル(赤)を接続し、各ドロップケーブルの先に機器を接続するという構成となります。バックボーンを経由して各ドロップケーブルに接続された機器は相互通信が可能となります。また、バックボーンに接続された電源から各機器への電力供給も可能となっています。ただし、消費電力の大きな機器など一部の機器は独立した電源配線を必要とする場合があります。詳細は各製品の取扱説明書を御覧ください。

SeaTalkNGのケーブル種別
SeaTalkNGは配線方法の関係上(詳細後述)、3種類のケーブルを使い分けてご使用頂く必要がございます。各ケーブルは色分けがなされており、いわゆる「プラグ・アンド・プレイ」が可能ですので配線接続自体は非常に明快です。各ケーブルの働きと基本的な注意事項を簡単にご説明しますので、配線計画のご参考としてご参照ください。

バックボーンケーブル(カラーコード:ブルー)
主幹ケーブルです。下記の「スパーケーブル」は全てこのバックボーンケーブルに接続されます。ネットワークに組み込む全ての機器に届くよう、時には船体全長に渡ってひと続きのバックボーンを配する必要があります。また、バックボーンのちょうど中腹あたりに電源ケーブルを接続することで各機器へ電力を供給出来ます。バックボーンには通常「両端」があり、端には必ずエンドプラグを挿入しておく必要があります。また、バックボーンケーブルを各機器に直結させることは出来ません。必ず各コネクタの青いソケットに接続します。

スパーケーブル(カラーコード:ホワイト)
NMEA2000において一般的に「ドロップ」と呼ばれるケーブルです。Raymarineではspar(スパー:支脈)と呼称しています。バックボーンケーブルの随所に設けたコネクタの白いソケットに接続し、バックボーンから枝分かれして各機器へと伸びます。このスパーケーブルを介してバックボーンへと接続された各機器は、データの相互通信と電力の供給が可能となります。機器によっては複数のスパーケーブルソケットがついたものがありますが、これは原則としてリピーターなどのリレー用です。バックボーンを介さずにスパーケーブルのみで複数の機器を接続することは出来ません。

電源ケーブル(カラーコード:レッド)
一方が白のコネクタ、もう一方が赤・黒・アース線のケーブルです。バックボーンに設けたコネクタの白いソケットに接続します。下図のようにネットワークの中腹部に接続することでバックボーンを介し各機器へと電力を供給できます。やはり電源ケーブルも機器背面の白いコネクタに直結するような配線方法は用いないでください。

SwaTalkNG(NMEA2000)と互換性のあるケーブル規格
SeaTalkNGはRaymarineの完全な独自規格ではなく、あくまでもNMEA2000をベースとした通信規格です。メーカー各社はNMEA2000をベースとした自社規格を各個に展開しており、コネクタ形状には統一性がありませんが、NMEA2000ベースの規格であれば電気的・データ的には通常互換性を有します。NMEA2000はエンジン制御に用いられる通信規格「CAN bus(Controller Area Network)」とも互換性を有し、RaymarineのSeaTalkNG機器もCAN busとの連携が可能です。また、CANの通信プロトコルを利用した規格「DeviceNET」とも互換します。DeviceNETはメーカーの垣根を超えてネットワーク仕様の標準化を目指した規格です。このためRaymarineでも多機能ディスプレイなどネットワーク構成を前提とする機器の多くにはSeaTalkNGではなくこのDeviceNetポート(Micro-C 5ピン)が設けられております。

SeaTalkNGとSeaTalk1 / SeaTalk2
Raymarine製品の旧通信規格であるSeaTalk1機器をSeaTalkNGネットワークに直接統合させることはできません。必ずSeaTalk1 - SeaTalkNGのコンバーターを経由させる必要があります。なお、SeaTalk2(5ピン)はNMEA2000ベースの規格であり、アダプターケーブルによるコネクタ形状の変換のみで接続が可能です。

【お届けについて】

▼発送時期

取り扱い製品の性質ごとに発送条件が異なります。なお、いずれの場合も納期の確約は致しておりません。万が一商品到着の遅延に起因する二次的な損害が生じた場合も弊社は関知致しません。予めご了承ください。

▼店頭在庫品

15時までにご注文頂いた商品は即日発送致します。お振込、お振替、コンビニ決済をご利用の際は15時の時点でご入金の確認が出来たものに限ります。弊社休業日にご注文頂いた商品につきましては翌営業日の発送となります。

▼カスタム品・オーダーメイド品

ご注文受付の際に納期をご案内致します。

▼取寄せ品・在庫切れの商品

入荷時にご案内を差し上げます。弊社では全ての取り扱い商品について在庫保証を致しません。また、お取り寄せの場合の納期保証も致しません。予めご了承ください。

【キャンセル・返品について】

▼ご注文の追加・変更とキャンセル

加工、切断を必要としない商品につきましては、発送前であれば無条件で追加・変更、キャンセルを承ります。切り売りロープ、切り売り生地製品等は発送前であっても裁断、切断後のキャンセルはお受け付け出来ません。切り売り商品のご注文変更、キャンセルをご希望の際は可能な限りお早めにご連絡ください。

▼クレジットカード決済の追加、変更とキャンセル

クレジットカードでお支払い頂いたご注文につきましては、キャンセルのみお受け付けが可能でございます。ご注文の追加や変更、複数に分けて頂戴したご注文の合算、部分的なキャンセル等は致しかねますので予めご了承ください。なお、頂戴したご注文全体をキャンセルし、改めてご注文を頂くことで変更等に対応させて頂くことは可能でございます。

▼カスタム/オーダーメンド品について

スプライス、スウェージングなどの加工を要する製品につきましては、ご注文確定後の変更、キャンセルは出来ません。また、お客様都合によるご返品も一切お受付致しません。予めご了承ください。

▼初期不良保障期間

弊社では商品到着後7日間の初期不良保障期間を設けております。この期間内にお届けした商品をご確認頂き、製品に初期不良が認められた場合は同一商品のご提供または商品代金、送料、各種手数料を含む決済金額の全額を保障致します。

▼ご返品・ご返金

商品お届けから30日以内であればお客様都合であっても交換、ご返品、ご返金をお受け付け致します。なお、ご返金の対象は商品代金のみとさせて頂き、ご返品の際の送料はご負担頂いております。また、クレジットカード決済の場合はご返金にお時間がかかる場合がございます。ご返金は原則として電信にて対応させて頂きますのでご希望の口座をご指定ください。交換、ご返品、ご返金の受付には条件がございます。詳しくは「お取引条件と免責事項」をご覧ください。

最近見た商品

Loading...