ゆうこう通信
セーリングをもっと楽しんで頂くために、様々な情報を掲載しています。単身南太平洋を越えて来た海の男のとっておき情報が満載です!
また、皆様から寄せられたご質問や世界中のヨットに関するニュース、弊社所在地の北木島に関するローカル情報も公開しておりますので是非ご覧下さい。
(画面左側MENUの各項目をクリックするとサブメニューが現れます。)
よくあるご質問
皆様からお寄せ頂いた質問とその回答をこのページにまとめております。お問い合わせを頂く前に是非一度本ページをお読み下さい。いずれの項目も様々な状況によって最善となるソリューションは異なるため、本ページの記載内容が常に正しいことを保証するものではありませんが、下記は多くのヨットマン達の知恵と経験から導きだされたものです。ご参考として是非ご活用ください。また、皆様のアイデア等もお聞かせ頂ければ幸いです。

使い方:各質問をクリックすると、下部の回答表示エリアに対応する回答を表示します。

セール

レースセールに関するよくあるご質問
Q.
パネルセールとストリングセールの違いは?
パネルセールはストリングセールより耐久性が高いです。
作るときにロールで平たいまま高圧をかけて作っています。
つなぎ目のところで生地が倍になるので少々重くなってしまいます。
また、パネルセールは一番強度が必要な箇所と合わせて糸の密度を選んでいます。
ストリングセールは個々のセールのために糸の配置をデザインをしているので必要な糸しか入っていません。

つまりストリングセールが少々軽いですがパネル程持ちません。
小さい船の場合はパフォーマンスの差が特にないことが多いですが大きな船になる程大きな差が出てきます。
クルージングセールに関するよくあるご質問
Q.
クルージングに使用するにはどのセールがお勧めですか?
ダクロンがお勧めです。特にレースを全くされない場合はクロスカットのハイモジュラスやベクトロン、ハイマス・ファイバーウィーブをお勧めします。ハイモジュラスは外洋でもお使い頂ける高品質なダクロンです。ベクトロンは伸びが少なく、形が長持ちします。ハイマス・ファイバーウィーブはツーリング用のセールでUVに対して非常に強く耐久性のある生地です。
ジェネカーに関するよくあるご質問
Q.
ジェネカーのタックをバウパルピットに取り付けられますか?
強度が足りない恐れがあるためお勧め出来ません。バウローラーやクリートにタックのロープを取り付けて頂き、タッカーをご使用頂ければフォアステイに力がかかるように出来るためこの方法がお勧めです。
セールのお見積りに関するよくあるご質問
Q.
頂いた見積りが標準セール面積と異なっていますが?
メインセールは、例えばYAMAHAの場合は3角形で面積を計算しています。(P×E×0.5)セールの後ろにはローチ(膨らみ)があり正しく計算するならこの部分も入れる必要があります。お見積もりは平均的なローチのサイズで面積を計算しておりますが、実際の面積(ローチの大きさ)はご注文の場合ご相談を承り、お客様のご希望に応じてカスタムさせて頂く事も可能です。レース用でしたらこれより大きくすることも可能ですし、もちろん小さくもできます。

ジブセールはファーラーの付け方によってラフの長さがかわり、面積もかわります。このためセール作製においては標準のセール面積が常に正しいとは限らず、弊社では可能な限りお客様の状況に準じた目安となるお見積りを作製致しております。

なお、前述の通り実際に作製するセールのデザインはお客様とご相談をさせて頂いた上でカスタム致しますので、お見積もり段階での数値も完全に正しいものではない場合がございます。予めご了承ください。
Q.
セールにデザインを施すことは可能ですか?
可能です。
大まかに以下の手順で承ります。

1. お客様よりデザイン図案をご希望のサイズ(全景の縦×横のサイズ)を添えてお送りください。
  ※ 下記注意事項を必ずお読み下さい。
2. 製造元に図案データを送信し、セールに貼り付けた際の図案を作製します。
3. 製造元が作製した図案でお客様に確認を差し上げ、確認後作製致します。

注意事項
デザイン画像等は必ずお客様ご自身でご用意ください。
弊社ではデザイン代行、図案のご提案等は致しておりません。
また、画像をご用意頂く際は以下の点にご注意ください。
使用可能なファイル形式
・原則としてai(adobe illustrator)ファイルをご用意下さい。
・お客様にてaiファイルをご用意頂くことが難しい場合、jpeg、bmp等の一般的な画像をご用意ください。
・ai以外の形式で頂戴したファイルは弊社で変換を行いますが、データの種類、状態によっては使用出来ない場合があります。
 詳細は以下をご参照ください。
ai変換および弊社で加工が可能な画像
線または単色の領域のみで描かれた「ベタ塗り」画像
「ぬり絵」をイメージしてください。
ぬり絵の枠のみまたは各部が単色で塗られた領域の組み合わせで構成された画像であればお受付が可能です。
Stacks Image 89152
背景が白または淡い単色の写真画像
下記はHYDE SAILSパンフレットの一部を撮影した写真ですが、背景がほぼ白ですのでロゴを抽出し使用する事が可能です。濃い背景、複雑な模様等が入った背景、使用したい部分と背景との色合いが酷似している画像等は抽出が出来ない場合があります。また、真正面以外から撮影されたお写真の傾きやゆがみを補正することは出来ません。写っているそのままがデザインに使用されます。
Stacks Image 89162
その他実現可能なデザイン
・インクや墨汁の飛び散り、輪郭がはっきりしている「はらい」のみの書画
・格子模様やチェック、単色の水玉など色の境界がはっきりしているテクスチャやパターン
・単色で書かれた文字(鉛筆などの薄い手書きは不可。筆ペン等の濃淡は再現できません)
 ※ パソコンで書かれた文字を使用する場合、必ずフォントデータを併せてお送りください。
既成デザイン選びのコツ
遠くから見られることが多いデザインとなりますので、細部にこだわりすぎず、輪郭や色の境界線がはっきりとした鮮明なデザインをお選び頂くとインパクトのあるデザインに仕上がります。一般的なデザインとしてはトライバル模様やデザインフォントといったソースをお使い頂く事で、デザインに自信の無い方や画像処理の知識がない方でも比較的簡単にお気に入りのデザインをお作り頂けます。

キーワード:デザインフォント、Line Drawing、トライバル
※ デザインフォントを使用したデザインはフォントデータがなければ開けないため
  必ず画像データとしてファイルを作製して頂いた上でお送りください。
ai変換および弊社で加工が出来ない画像
グラデーション、かすれ、ぼかしなどを含む画像
画像は必ず単色で塗りつぶされた領域を組み合わせたものである必要があります。
下記画像は背景部分の丸い領域が図案通りに作製出来ません。
Stacks Image 89194
画像の一部を改変したり、複数の画像を組み合わせて一つのデザインを作る等
弊社ではデザイン作業の代行は致しておりません。
下記画像のように「イルカだけを抜き出して欲しい」等のご要望には対応出来かねますのでご了承ください。
Stacks Image 89204
ラフ画をデジタルデータに起こす作業
お客様より頂戴した手書きイラスト等を弊社にてデジタルデータとして補正、調整を行うことは出来ません。
デザインを意図せず変更してしまう、色合いがご希望のものと異なってしまう等の事も予測されますので、必ずデザイン図案はお客様にて完成して頂きますようお願い致します。
Stacks Image 89214
イメージのみで具体化されていないデザインの具体化
お客様のイメージをヒアリングし、弊社が具体的にデザイン化するといったことは行っておりません。
ご了承ください。
Stacks Image 89224
色合いの複雑なお写真
使用出来るのは一つの領域に対して1色のみです。
お写真のように複雑な色彩が入り交じった画像は殆どの場合ご使用頂けません。
Stacks Image 89234
その他実現不可能なデザイン
・ゴールド、シルバーなどのメタリックな質感
・和紙や木目などの微妙な風合いを出したいようなパターンやテクスチャ
・版権物など使用に許可が必要なデザインはお客様にて許可等を取得してください。

マスト

マストファーリングシステムに関するよくあるご質問
Q.
セールの出し入れがしにくいのですが
ブロックの部分が重くなることがあります。ロープの角度が頻繁に変わるためブロックが重くなると非常に引っ張りにくくなります。以下をお試し下さい。

a. ブロックを洗浄する
滑車が重い場合は真水でクリューブロック、ブームエンドブロック、マスト側のブロック、デッキオーガナイザーを洗浄します。

b. 潤滑剤を使用する
ブロックに特殊なスプレー(McLubeなど)をかけます。絶対にCRCやオイルスプレーを使わないようにしてください。汚れが付着しやすくなりかえって状況が悪化することがあります。

c. ブロックを交換する
より高品質なブロックへのお取り替えをご検討ください。

d. ファーラーをチェックする
上記3点に比べ頻度は格段に低いものの、ファーラーのベアリングの汚れ、損傷等が原因となることがあります。真水での洗浄をお試しください。また、ベアリングが損傷している疑いがある場合は各製造元に対処法をお問合せください。

e. ロープをチェックする
やはり頻度は非常に低い問題ですが、ブロックに対してロープが太すぎる場合も操作がしにくくなります。ロープの太さをご確認ください。
Q.
セール出し入れの際風向に留意する必要はありますか?
側方から風を受けていてもセールの出し入れは可能ですが、セールがマストに擦れて出し入れがしにくい上にセールを傷める原因となることもあります。これを防ぐ為に風上に向かって走りながらセールの出し入れを行うことをお勧めします。
Q.
セールを噛んだり、皺になったりするのですが
ブームの角度を調整します。セールが真っすぐマストに入るようにトッピングリフトとブームバングで調整することが非常に重要です。なるべく伸びにくいロープを使用し、最適な角度になる位置にストッパー等で印を入れておけば次回以降の調整が簡単に行えます。
Q.
新しいセールをスムーズに巻き込めますか?
ブームの角度を調整します。セールが真っすぐマストに入るようにトッピングリフトとブームバングで調整することが非常に重要です。なるべく伸びにくいロープを使用し、最適な角度になる位置にストッパー等で印を入れておけば次回以降の調整が簡単に行えます。
Q.
新しいセールをスムーズに巻き込めますか?
ブームの角度を調整します。セールが真っすぐマストに入るようにトッピングリフトとブームバングで調整することが非常に重要です。なるべく伸びにくいロープを使用し、最適な角度になる位置にストッパー等で印を入れておけば次回以降の調整が簡単に行えます。
Q.
マストファーリングシステムで必要な修理はどのようなものがあり、費用はどの程度ですか?
弊社では以下の補修・補強・お取り替え等を行っております。

1. クリューのUVプロテクションの縫い替え・修理(5,000円)
2. 割れたリーチラインクリートの取り替え(2,500円)
3. 他社製品へのリーチラインカバー取り付け(5,000円)
 ※弊社の製品はリーチラインカバー標準装備です。
4. リーチライン下部取り替え(3,500円)
5. クリューのUVプロテクションの取り替え(9,500〜12,000円)
6. クリューブロックの取り替え(5,600円)
7. リーチライン/リーチの修理・補強(現状確認後お見積り)
Q.
ファーリングマストのセールと一般的なセールの違いは?
マストファーリングシステムのセールは巻き込み易く、巻き取った際に大きくならないよう薄い生地で作られていることが多いため、一般的なセールよりもリーチが伸び易い傾向があります。リーチが伸びてくるとバタバタしやすくなったりリーチラインを引くと大きくホックしクリュー側に皺が寄ってドラフトが後ろに来たりします。弊社ではリーチの補修・補強も行っておりますが、セール自体を新調して頂いた方が良い結果を得られる場合が多いです。

シート

各種シートに関するよくあるご質問
Q.
ジェネカーシート、スピンシートの適切な直径はどれくらいですか?
ジェネカー/スピネーカーシートは強度と手で握るところの太さを考慮しますが、微風時は持つところ以外を出来るだけ細く軽いもにすることをお勧めします。以下のような方法で実現します。

・軽風時と強風時のロープを別に用意する
・テーパーシートを使う(ダイニーマからできているので強度の心配がありません)
・テーパー加工する(以下の2種類の方法があります)

1. テーパーのためのロープを使って細くしたいところでカバーをなくすことでテーパーをかけます。オススメのロープはアドミラル7000、レーシングシートプロ、ディンギーコントロール(細いので小さい船向き)です。

2. 芯を抜くこともできます。ただこの場合は強度が弱くなります。普通のダブルブレイドポリエステルロープの芯を抜けば強度はおよそ半分になります。芯を抜いた部分は丸くなく平たくなります。

各商品の詳細はこちら
テーパードシート
アドミラル7000(アドミラルダイニーマ)
レーシングシートプロ、ディンギーコントロール
係留ロープに関するよくあるご質問
Q.
ナイロンロープととポリエステルロープにはどのような違いがあるのですか?
ナイロンとポリエステルを比較するとナイロンのほうが伸びが良いという点で係留ロープに向いていますが、濡れると耐久力が落ちる、擦れに弱くなる、使い込むと硬くなる等の欠点もあるため弊社ではポリエステルをお勧めさせて頂いております。
Q.
お勧めの係留ロープについて教えてください。
弊社が取扱っておりますポセイドンというロープは全長の4分の1の部分まで鉛が入っているのでチェーンなしでお使い頂ける他、通常必要と言われる8:1(水深の8倍)より短くてもアンカーがよく効き、ロープを上げる際にも絡まりにくいためお勧めさせて頂いております。ただし、実際に必要となる長さは使用状況によって異なります。また、珊瑚などがある場所ではチェーンのご使用をお勧めしております。リオ、モンテカルロ、ポルトフィーノもございます。
Q.
係留ロープはどれくらいの長さを用意すれば良いですか?
アンカーを打つ場所によって様々ですが、通常は8:1(水深の8倍)のロープが必要となります。港の中等でご使用になる場合や天候条件が良い場合はそこまでの長さが必要ないこともあります。お使いになる場所等を考慮頂いた上で長さをお決めください。
Q.
係留ロープはどれくらいの太さが必要ですか?
ボートサイズに対する係留ロープ、アンカーロープの太さはおおよそ以下の通りです。
実際に必要となる太さはボートタイプやご使用状況によって異なります
ボートサイズ(m) 重量(t) ドックライン径(mm) アンカーライン径(mm)
6-8 2 8-10 12
9 4 12 14
10 5 12 16
11 7 14 16
12 8 14 18
14 11 16 20
16 12 18 20
18 20 24 24
24 22 26 26
スプライスに関するよくあるご質問
Q.
切り売りロープのエンド処理はどのようにしていますか?
弊社ではロープカットの際ヒートカッターを使用します。ポリエステルなど熱で溶ける素材のロープは切り口を溶かした状態で出荷致しますのでほつれる心配はありません。ダイニーマやベクトランなどのロープは熱で溶かせないため、テーピングするなどしてお送り致しておりますが、ウィッピングトワインまたはビニル溶液へのディップに寄るエンド処理も致します。(料金別途)。

リギン

ライフラインに関するよくあるご質問
Q.
ライフラインの材質・仕様は?
ライフラインは落水の危険から身を守る大変重要なものです。
JSAF
では次のように規定しています。

3.14.6 ライフラインの最小直径、要求される材質、仕様

a)
ライフラインの素材は以下でなければならない
  - ステンレスの撚り線、または
  - 一重縒りの高弾性ポリエチレンロープ(HMPE)
  (Dyneema®/Spectra® or equivalent)
b)
最小直径は下記表8の通り
c) ステンレス製のライフラインはコーティングなしであること。また、ぴったりとフィットしたスリーブ(鞘管)
 を使用してはならない。
 一時的なスリーブを使用することはかまわないが、定期的に
点検のために取りはずさなくてはならない。
d) ステンレス製を使用する場合、316グレードを推奨する。
e) HMPE (Dyneema®/Spectra®) を使う場合はメーカー推奨の手順にてより継ぎを行う。
f) ライフラインをしっかりと張るために合成繊維のきつく張ったロープをラニヤードとして使ってもよいが、その場合
 ラニヤードによる部分の長さは
100mm4インチ)を越えてはならない。このラニヤードは少なくとも年1回取り替えること。
g) ライフラインの囲みを構成するすべてのワイヤー、附属品、固定点及びラニヤードはすべての場所で
 少なくともライフラインのワイヤーに必要な破壊強度を持つこと。


表8
船体全長 最小直径
8.5m(28ft)未満 3mm(1/8インチ)
8.5-13m(28ft以上43ft未満) 4mm(5/32インチ)
13m(43ft)以上 5mm(3/16インチ)
また、セーリング競技規定49.2においても、クラスルールにて特に定めが無い場合は上記規定に準じなければならない旨が記載されています。
Q.
ライフラインに使用するワイヤーにはどのような種類がありますか?
ワイヤーの種類によっていくつかに大別されます。

① 7*7(適合用途:ライフライン)
  7本の細い鋼線を撚ってワイヤーを作ります。このワイヤーをさらに7本撚り合わせて完成します。
  ビニールの被覆でコーティング(カバー)されているのが特徴です。

  長所 柔軟性に富む
  短所 コーティングとワイヤーの間に雨水や海水が入り錆等の腐食の原因になる
     経年劣化によりコーティングに変色や割れが発生する
     切れた鋼線が手に刺さって怪我をする

② 19*1(適合用途:ライフライン、サイドステー、フォアステー、バックステー)
  19本の比較的太い鋼線を撚って作ったワイヤーです。

  長所 コーティングされておらず常に乾燥状態を保てるため腐食に強く耐久性に富む
  短所 重い

④ コンパクト・ストランド(適合用途:サイドステー、フォアステー、バックステー)
  平らな面のあるワイヤーから作られており、ワイヤー表面が平坦で一本一本の繊維による凹凸が目立たないのが特徴です。

  長所 同じ直径の1×19のワイヤーと比べて強度が高く、レース艇やパフォーマンスボートにお勧め
  短所 価格は若干割高になる

④ ダイニーマ(適合用途:ライフライン、バックステー)
  一般的なワイヤーと同等の強度を持つハイテクロープです。
  フォアステー、サイドステーにも使用は出来ますが頻繁な交換と特殊な固定器具が必要となります。


  長所 ワイヤーに比べてしなやかで軽く、色が選べる
  短所 ワイヤーに比べて耐久性が劣るため、早めの交換が必要となる

使用時に手が痛いことから、弊社では3mmワイヤーのライフラインへの使用はお勧め致しません。
上段には5mmのワイヤーを、下段には4mmのワイヤー(35ft以下の場合)をお勧め致します。
またPVCカバー付きのワイヤーはワイヤーが空気に触れず、水分も溜まりやすくなります。
こうした環境下ではステンレスが錆びやすくなるためPVCカバーのご使用はお勧め致しません。
プロダクション艇にPVCコートワイヤーが使われることが多かった点、ワイヤーがむき出しではない点から
PVCをお選びになる方もいらっしゃいますが、PVCワイヤーは早めの点検をお願いします。
弊社では1×19のコーティングなしワイヤーをお勧めしております。
Q.
ライフラインを交換したいのですがどのように注文すれば良いですか?
まずは必要となるライフラインの長さとレイアウトを決めましょう。

丁度良い寸法のライフラインを入手する為には、正しく計測をすることがポイントとなります。

キツく締めすぎるとスタンションを痛めますし、緩すぎると落水の危険が増します。

また、どんな船でも完全に左右対称に出来ているとは限りませんので、左右それぞれ計測して下さい。
ターンバックルで数センチの調整は出来ますので神経質になりすぎる必要はありません。

ライフラインのレイアウトは大きく3種類に分けられます。

① ゲート無し
  バウパルピットからスターンパルピットまで、途中に何本かのスタンションを
  介して一本のワイヤーで通します。


② 後方ゲート
  艇の後方、スターンパルピットに隣接してゲートがあるタイプです。
  ゲートより前方は一本のワイヤーで通します。
  このタイプではゲート部分にターンバックルがありませんので厳密な計測が必要です。

③ 中間ゲート
  スタンションに挟まれた部分にゲートがあるタイプです。
  ゲートより前方及び後方にターンバックル付のワイヤーを配しますが
  「後方ゲート」タイプと同様にゲート部分にはターンバックルが付きません。
  ゲート部分の寸法は厳密に測定して下さい。
フォアステー、サイドステー、バックステーに関するよくあるご質問
Q.
ターミナル(固定器具)にはどのような種類がありますか?
弊社では通常ターンバックルかスウェージング用の各種固定器具を使用します。
スウェージング作業は経験豊富な職人が信頼のスウェージングマシーンを使用して行います。
ターミナル形状には
トグルフォークアイなどがございます。

また、上記スウェージング用の器具以外に「
スウェージレスターミナル」もございます。
下記のような特徴がございます。

長所 内部に侵入した水が抜けやすいためワイヤーが錆びにくく長持ちする
   スウェージレス(機械による加工が必要ない)なのでご自身の手で調整が可能

短所 部品そのものの価格だけで比較するとスウェージングタイプよりは高価
Q.
各ステーの長さは調節出来ますか?
弊社では後々長さの調整が出来るように作製致します。

下図をご覧下さい。
①に示すようにターンバックルを完全に締めた状態で調整すると、全長を更に短くすることが出来ません。
②に示すようにターンバックルを完全に緩めた状態で調整すると、全長を更に長くすることが出来ません。

弊社でリギンを作製する場合は、ターンバックルを中程まで締めた状態で全長を算出致します。
こうすることで全長を長くも短くもする事ができます。
こうした調整をするために、現在お使いのリギンのワイヤーと弊社で新たにお作りしたリギンのワイヤーとの長さが異なった状態で仕上がる場合がございますが、上記のような理由によるものですのでご安心ください。

また、ワイヤーは経年劣化によって伸びてくる事はございませんが、新品のワイヤーは初回使用時にのみ極僅かに伸びるため、弊社ではこの伸び率を考慮して全長を算出致しております。
Stacks Image 89571
Q.
バックステーフリッカーを取付けたいのですが、注意事項等はありますか?
バックステーフリッカーはフラクショナルリグのスウェットスプレッダーの船におすすめです。
バックステーを6mmのダイニーマに変える必要があります。
また、マストトップの形によりますが航海灯やウィンデックスを移動する必要がある可能性があります。
ご自身でのお取り付けが難しい場合はお近くの業者様にご依頼下さい。
弊社では出張取付けサービスは行っておりません。
リギン作製に関するよくあるご質問
Q.
ライフラインや各ステーなどを制作する場合、納期はどれくらいですか?
A:基本は「弊社工場の3営業日」です。

一口にリギン作製といっても状況に応じて異なる手順をご案内しております。詳しくは
リギン作製のページを御覧ください。おおよその流れは下記のようになります。

原則として弊社ショップの技術者がお客様よりお預かりした古いパーツ(現在ご使用中の現物)や計測頂いたデータをもとに、お客様の船に合うリギンパーツを選出いたします。計測データやパーツに不足がない場合、新たなリギン作製用のパーツをショップより弊社工場に送り、製品を作製致します。ここまで最短で
「土日、祝日を除く3営業日」を頂戴致しております。

万が一お客様のリギンが弊社定番在庫品と異なる種類、サイズ、形状等の場合は類似品をサンプルとしてお送りさせて頂き、パーツが適合するかどうかのご確認をお願いする場合があります。また、弊社定番品でお客様の船に合うリギンを作成できない場合は、パーツの取寄せまたはお客様の船側に固定されているパーツを交換する等の対応をさせて頂く場合もございます。

こうした場合はリギン作製自体を開始するまでにお時間がかかる場合がありますので予めご了承ください。

艤装品

準備中

電装品

準備中

メンテナンス

セールクリーニングに関するよくあるご質問
Q.
どのくらいきれいになりますか?
セールのご使用年数、汚れの程度や付着物の種類などによって異なるため、一概には申し上げられませんが多くの場合は見た目にもかなりの効果がご確認頂けます。写真はリタイヤしたセールの一部をカットしてクリーニングしたものです。
Stacks Image 17779
Q.
毎年クリーニングしても大丈夫ですか?
漂白剤など生地を傷める原因となるものは使用しませんので毎年クリーニングして頂いても問題ありません。目に見える汚れの他にカビの原因となる海水に含まれる塩分の除去にも高い効果を発揮します。また塩分がついたままシバーすると生地を傷める原因となるため、毎年塩分をしっかり落として頂くことをお勧めいたします。
Q.
セールが傷むことはありませんか?
セール専用の洗浄剤を使って一日以上つけ置いて丁寧に洗います。漂白剤などは使用しませんので生地を傷める心配もありません。また工業用洗濯機なども使用しません(洗濯機を使うと表面のメラミンコートが剥離してしまう他、生地の目が緩くなって伸びやすくなってしまうためです)。ご安心してご利用ください。
Q.
どのような汚れも落とせるのですか?
汚れの程度や付着物の種類等によって異なります。カビはほぼ完全に落とすことが出来ますが、錆やグリスなどは多少残ってしまう場合があります。また、排ガスなどによる炭素系の汚れや汚染物質も落ちにくい場合がありますので予めご了承ください。また、同じカビでもラミネートセールに発生したカビは落とせないことがほとんどです。ラミネートセールに発生するカビはフィルム内の糊につくことが多く、これを弊社のセールクリーニングで除去することはできません。また、無理にクリーニングするとラミネートを剥がしてしまう原因となりますのでラミネートセールのクリーニング受付は致しておりません。
Q.
納期はどれくらいですか?
弊社にお届け頂いたセールは一日以上つけ置き洗浄した後乾燥させるお時間が必要となりますので、お手元にお返しするのに約2週間を頂戴しております。
Q.
自分でクリーニングすることはできますか?
欧米ではヨットのメンテナンス同様セールも毎年クリーニングに出すかご自分でクリーニングする方もいらっしゃいます。ご自身でクリーニングする場合は真水で塩分と汚れを落とし、特に汚れのひどい箇所には台所用洗剤を使用して頂ければ生地にとって安全です。漂白剤などは生地を傷める原因となりますのでお勧め出来ません。ブラシを使う場合はなるべく柔らかいものを選びます。なるべく広く清潔な場所で行って頂き、完全に乾かしてください。
船底塗料に関するよくあるご質問
Q.
船底塗料にはどのような種類があり、どう違うのですか?
船底塗料は性質によって2種類に大別されます。

自己研磨型水和分解型
塗料の内部から防汚剤が溶出し、塗幕表層のスカスカになった部分から脱落して行きます。反応が不均一で連続的なものでもないため表面は粗面化していき、最終的には塗幕内で剥離することもあります。

加水分解型
塗幕を形成している樹脂が水流により研磨されるので塗幕がある限り性能を維持します。流水作用によりセルフポリッシングされるので時間と共に平坦化していきます。

加水分解型のほうが若干高価になりますが、表面の平坦化を重視すべきヨットに対しては加水分解型塗料が適していると言えます。また、塗料メーカーも加水分解型塗料を主流に開発していこうという流れになっています。

ゆうこうマリンについて

ゆうこうマリン株式会社は下記のメーカーの日本総代理店です。ハイドセール、FSEロブライン、バートンマリン、ハットンウィンチ、デザインテクノロジー、ナサマリン、ベータマリン、ピーターソンステンレス(ハイモッド)、ラトガーソン、ロックナ、ダックス、イージースプライス、ハンバーリブ
また、セルデン、ファクナー、スパークラフトの正規ディーラーです。
業者販売も可能ですので、お問い合わせください。

ご注文方法

ご注文はショッピングカートでお願いいたします。不具合等ございましたらメールやFAXでのご注文も可能です。セールのお見積もり、セールクリーニングやリペア、その他のご相談はメール、FAX、お電話でご連絡ください。

お問い合わせ

Email: info@yuukoumarine.jp
★SHOP&LOFT INFO★
〒663-8233 兵庫県西宮市津門川町11-20
Tel: 079-820-8892
営業時間
09:00〜18:00(土日も営業)
定休日:火・水・祝
〒714−0301 岡山県笠岡市北木島町13229-17
Tel: 0865-68-2121(9:00~11:30, 13:00~17:00) Fax: 0865-68-2123
営業時間
8:00〜17:00(月〜金)
定休日:土・日・祝